家族の防災会議

家族一人一人に起こりうる状況を考えて、事前に話し合い家族内でルールを作っておきましょう

想定される事

地震が日中に発生した場合、家族が離ればなれの状態になる事が考えられます。

想定される事

  • 子供は学校、遊び先で被災
  • 大人は職場で被災
  • 帰宅途中で被災して帰宅困難になる
  • 通信手段がなく、互いに連絡をとることが困難になる

話し合うテーマ

  • 家族がバラバラの時に被災した場合の連絡方法(どこに?どの様に?)
  • 外出していた時に被災した場合、どうするか(どこに帰るの?)

離ればなれになった時にまず、連絡をとる事が重要ですが、携帯電話など通信がマヒして連絡が取れない事態が想定されます。また、携帯電話をもたない子供や老人の事も考えなくてはなりません。もし子供達が大人がまわりにいない公園で遊んでた時に被災したらどうでしょうか?
あらゆる事態を考えて家族内でルールを決めてましょう。

話し合うテーマ

対策は一つではなく、第二候補まであるとあらゆる状況に対応できます。

状況 決めておくこと
家族がバラバラの時 連絡方法。合流場所(避難場所)と合流方法
家族が一緒の時 避難場所と道順。役割の分担 (家族の安否確認、非常持ち出し品の準備、避難経路の確保、近所の救助活動)
共通のテーマ 乳幼児・高齢者・ 病人・妊婦・ペットのいる家庭での避難について

連絡について

連絡方法や連絡先などについて話し合いましょう。

考えられる手段 課題
災害用伝言板・
災害用伝言ダイヤル171
使用法をおぼえておく。電話が使えない・無い場合の代替案を決めておく。
電話・携帯電話による連絡 どこ(誰)に連絡するか。電話が使えない・無い場合の代替案。
伝言・書置き 伝言をどこに・何に残すか。
※布テープに油性ペンで伝言を書き込んで、ドアに貼り付けるなど

携帯メールや、通信アプリでの連絡が最も有効です。ただし、それが使えない人がいる家庭や、使えない状況の場合も考えて、第二、第三の連絡手段も検討しましょう。

合流先、避難場所について

家を合流場所にした場合、倒壊や火事の延焼の危険など避難場所へ避難する必要があります。

避難場所の決める

人が多く広い避難場所では、家族が合流する方法を決める。
(細かな合流ポイントを決めておくなど)

避難場所への道順の確認

火事や道がふさがれている事を想定して何通りか。

避難場所の第二候補を決める

第一候補の避難場所へ何らかの理由で行けない時のため。