被災場所別の行動ポイント【防災行動マニュアル】

場所別の避難行動や対処法など

災害時の特徴と行動ポイント

どこで被災しても対応出来るよう、各場所での行動ポイントをご確認下さい。

地下街

地下街は地震に強いのでまず安心ですが、パニックの発生しやすい環境
停電になった場合、壁づたいに歩けば必ず出口に行き着きます。

映画館

暗く閉塞的な場所であるため、パニックの発生しやすい環境
シートの間に身を隠して、バッグなどを頭にのせ頭を守ります。

スーパー・コンビニなど

商品の落下や、転倒物に注意
スーパーなどでは、買い物かごをかぶり頭を守ることが出来ます。
陳列棚や商品などが転倒・移動してくるので、頭や身体を守りしながら、柱の近くなどに身を寄せ身体を低くします。

エレベーター

閉じ込め事故が多数発生することが予測されます
すべての階のボタンを押し、停止した階で直ちに降りましょう。階の途中で停止すると降りることができなくなります。すぐに非常ボタンは押さず、万一閉じこめられたら、非常ボタンか非常電話で救助を求め、救援を待ちます。

電車・バス

走行中の事故の発生も予測されます
急ブレーキ急ハンドルに備え、近くの手すりや吊革などにつかまります。
あわてて非常口を開け、飛び出すのは危険ですのでやめましょう。

高層ビル

上層階では揺れが激しく振幅が1~2メートルになることもあります
高層ビル内では重心を低くして、その場を動かない。
窓ガラスが割れ、外に投げ出されないよう窓際から遠ざかります。

共通の行動ポイント

被災場所に関わらず、大地震の時に気をつけるべき注意点です。

  • 係員の誘導に従って行動します。
  • 出口や階段に殺到せず、パニックにならず落ち着ついて冷静に。
  • 人の波に巻き込まれないよう注意します。
  • 窓ガラスのそばには寄らない。
  • トイレや階段では、揺れが収まるまでむやみにその場を動かない。
  • 天井からの落下物、ガラスの破片、物の移動・転倒に注意する。

パニックの発生について

地下や暗闇などの閉鎖的な空間で、地震後の集団パニックにより二次災害の危険があります。パニックに巻き込まれないよう、十分に注意し冷静に行動しましょう。

パニックの発生条件

  1. 危険が突然発生すること
  2. 脱出しなければ助からないという認識が広がる
  3. 脱出口があり、その脱出口が限られていること

1989年に米MLB ワールドシリーズ開催中にロブマリータ地震が発生。ゲームは中断されたが、球場内の観客によるパニックは特に発生しなかった。このような事例から地上オープンスペースでは比較的パニックは起こりにくいと考えられます。