東京都八王子市南町・地域別危険度

2018年(第8回)地域危険度測定調査結果 東京都都市整備局より

地盤分類と地域別危険度

八王子市南町

台地2 堆積粘土・砂層の上に関東ローム層

形成された年代が古く、洪積層を中心とした地盤です。
固結した地盤のため地震が起きた場合でも揺れが増幅されにくいことから、地震の揺れに対して比較的危険度が低い地域です。(表層地盤増幅率:1.7)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
3479位13280位22685位21670位
困難度0.231.31棟/ha0.14棟/ha0.34棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町

台地1 河成礫層の上に関東ローム層

形成された年代が古く、洪積層を中心とした地盤です。
固結した地盤のため地震が起きた場合でも揺れが増幅されにくいことから、地震の揺れに対して比較的危険度が低い地域です。(表層地盤増幅率:1.6)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
13527位21458位21247位22195位
困難度0.063.08棟/ha0.72棟/ha0.23棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町

台地1 河成礫層の上に関東ローム層

形成された年代が古く、洪積層を中心とした地盤です。
固結した地盤のため地震が起きた場合でも揺れが増幅されにくいことから、地震の揺れに対して比較的危険度が低い地域です。(表層地盤増幅率:1.6)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
14066位21987位13844位13487位
困難度0.042.25棟/ha0.03棟/ha0.08棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町1丁目

沖積低地1 軟弱層の厚さ:主に河成礫

形成された年代が新しく、沖積層を中心とした地盤です。主に海面下での堆積物でできているため軟弱な地盤となっています。地震が起きた場合に揺れが増幅されやすいため比較的危険度が高い地域です。(表層地盤増幅率:1.5)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
22059位13517位13119位22751位
困難度0.131.16棟/ha0.08棟/ha0.16棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町2丁目

沖積低地1 軟弱層の厚さ:主に河成礫

形成された年代が新しく、沖積層を中心とした地盤です。主に海面下での堆積物でできているため軟弱な地盤となっています。地震が起きた場合に揺れが増幅されやすいため比較的危険度が高い地域です。(表層地盤増幅率:1.5)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
21803位13675位22376位22594位
困難度0.141.07棟/ha0.2棟/ha0.17棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町3丁目

沖積低地1 軟弱層の厚さ:主に河成礫

形成された年代が新しく、沖積層を中心とした地盤です。主に海面下での堆積物でできているため軟弱な地盤となっています。地震が起きた場合に揺れが増幅されやすいため比較的危険度が高い地域です。(表層地盤増幅率:1.5)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
3553位13017位22413位21569位
困難度0.221.46棟/ha0.19棟/ha0.37棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町4丁目

沖積低地1 軟弱層の厚さ:主に河成礫

形成された年代が新しく、沖積層を中心とした地盤です。主に海面下での堆積物でできているため軟弱な地盤となっています。地震が起きた場合に揺れが増幅されやすいため比較的危険度が高い地域です。(表層地盤増幅率:1.5)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
21829位13784位13512位12866位
困難度0.141棟/ha0.05棟/ha0.14棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町5丁目

沖積低地1 軟弱層の厚さ:主に河成礫

形成された年代が新しく、沖積層を中心とした地盤です。主に海面下での堆積物でできているため軟弱な地盤となっています。地震が起きた場合に揺れが増幅されやすいため比較的危険度が高い地域です。(表層地盤増幅率:1.5)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
22348位14238位14290位13538位
困難度0.110.65棟/ha0.01棟/ha0.08棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町6丁目

沖積低地1 軟弱層の厚さ:主に河成礫

形成された年代が新しく、沖積層を中心とした地盤です。主に海面下での堆積物でできているため軟弱な地盤となっています。地震が起きた場合に揺れが増幅されやすいため比較的危険度が高い地域です。(表層地盤増幅率:1.5)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
3697位14019位14681位22600位
困難度0.210.82棟/ha0棟/ha0.17棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町1丁目

台地1 河成礫層の上に関東ローム層

形成された年代が古く、洪積層を中心とした地盤です。
固結した地盤のため地震が起きた場合でも揺れが増幅されにくいことから、地震の揺れに対して比較的危険度が低い地域です。(表層地盤増幅率:1.6)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
3786位13496位22535位21968位
困難度0.21.17棟/ha0.17棟/ha0.27棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町2丁目

台地1 河成礫層の上に関東ローム層

形成された年代が古く、洪積層を中心とした地盤です。
固結した地盤のため地震が起きた場合でも揺れが増幅されにくいことから、地震の揺れに対して比較的危険度が低い地域です。(表層地盤増幅率:1.6)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
22566位22305位21382位21982位
困難度0.11.96棟/ha0.6棟/ha0.27棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町3丁目

台地1 河成礫層の上に関東ローム層

形成された年代が古く、洪積層を中心とした地盤です。
固結した地盤のため地震が起きた場合でも揺れが増幅されにくいことから、地震の揺れに対して比較的危険度が低い地域です。(表層地盤増幅率:1.6)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
13543位22629位22792位13181位
困難度0.061.71棟/ha0.12棟/ha0.11棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町1丁目

谷底低地3 軟弱層の厚さ8m以上

台地を刻む谷底での堆積物でできているため、軟弱な地盤です。地震が起きた場合に、揺れが増幅されやすいことから、地震の揺れに対して比較的危険度が高い地域です。(表層地盤増幅率:2.0)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
13570位14261位12860位13948位
困難度0.060.64棟/ha0.11棟/ha0.04棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町2丁目

台地1 河成礫層の上に関東ローム層

形成された年代が古く、洪積層を中心とした地盤です。
固結した地盤のため地震が起きた場合でも揺れが増幅されにくいことから、地震の揺れに対して比較的危険度が低い地域です。(表層地盤増幅率:1.6)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
22092位14466位13662位13682位
困難度0.120.47棟/ha0.04棟/ha0.06棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町3丁目

谷底低地3 軟弱層の厚さ8m以上

台地を刻む谷底での堆積物でできているため、軟弱な地盤です。地震が起きた場合に、揺れが増幅されやすいことから、地震の揺れに対して比較的危険度が高い地域です。(表層地盤増幅率:2.0)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
21256位14533位14100位13568位
困難度0.170.42棟/ha0.02棟/ha0.07棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町4丁目

台地1 河成礫層の上に関東ローム層

形成された年代が古く、洪積層を中心とした地盤です。
固結した地盤のため地震が起きた場合でも揺れが増幅されにくいことから、地震の揺れに対して比較的危険度が低い地域です。(表層地盤増幅率:1.6)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
12984位13522位13163位13242位
困難度0.081.15棟/ha0.08棟/ha0.1棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町1丁目

谷底低地2 軟弱層の厚さ3m以上8m未満

台地を刻む谷底での堆積物でできているため、軟弱な地盤です。地震が起きた場合に、揺れが増幅されやすいことから、地震の揺れに対して比較的危険度が高い地域です。(表層地盤増幅率:1.8)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
3820位21397位3510位3479位
困難度0.23.23棟/ha2.31棟/ha1.1棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町2丁目

台地1 河成礫層の上に関東ローム層

形成された年代が古く、洪積層を中心とした地盤です。
固結した地盤のため地震が起きた場合でも揺れが増幅されにくいことから、地震の揺れに対して比較的危険度が低い地域です。(表層地盤増幅率:1.6)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
3721位21428位3554位3505位
困難度0.213.16棟/ha2.05棟/ha1.08棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町3丁目

台地1 河成礫層の上に関東ローム層

形成された年代が古く、洪積層を中心とした地盤です。
固結した地盤のため地震が起きた場合でも揺れが増幅されにくいことから、地震の揺れに対して比較的危険度が低い地域です。(表層地盤増幅率:1.6)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
12877位22473位21202位22209位
困難度0.091.82棟/ha0.75棟/ha0.23棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町4丁目

台地1 河成礫層の上に関東ローム層

形成された年代が古く、洪積層を中心とした地盤です。
固結した地盤のため地震が起きた場合でも揺れが増幅されにくいことから、地震の揺れに対して比較的危険度が低い地域です。(表層地盤増幅率:1.6)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
21332位21809位21267位31123位
困難度0.162.49棟/ha0.69棟/ha0.52棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町5丁目

台地1 河成礫層の上に関東ローム層

形成された年代が古く、洪積層を中心とした地盤です。
固結した地盤のため地震が起きた場合でも揺れが増幅されにくいことから、地震の揺れに対して比較的危険度が低い地域です。(表層地盤増幅率:1.6)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
3507位22322位21400位31005位
困難度0.231.94棟/ha0.59棟/ha0.58棟/ha

過去の調査結果との比較

八王子市南町6丁目

台地1 河成礫層の上に関東ローム層

形成された年代が古く、洪積層を中心とした地盤です。
固結した地盤のため地震が起きた場合でも揺れが増幅されにくいことから、地震の揺れに対して比較的危険度が低い地域です。(表層地盤増幅率:1.6)

2018年(第8回)の調査結果

災害時活動困難度建物倒壊危険度火災危険度総合危険度
4177位13672位22715位21593位
困難度0.31.07棟/ha0.13棟/ha0.36棟/ha

過去の調査結果との比較

各項目の順位は、東京都5,177町丁目中の順位です

八王子市一覧へ戻る

表の見方

ランクについて

地域危険度は地震に対する危険度を、5つのランクに分けて評価した値です。ランクの数字が1に近いほど安全性が高く、5に近いほど危険性が高くなっています。
ランクは相対評価となっており、危険量の大きい町丁目から順位付けを行い、ランクを割り当てています。

1 2 3 4 5
2,337町丁目
45.2%
1,648町丁目
31.8%
820町丁目
15.8%
287町丁目
5.6%
85町丁目
1.6%

各項目について

地域危険度TOPへ戻る