地震情報サイトJIS

地震情報のポータル 地震情報サイトJIS



南海地震・東南海地震

地震調査研究推進本部地震調査委員会レポートより

南海地震・東南海地震について

南海地震 南海トラフ

四国から駿河湾までの太平洋沿岸を含む南海トラフ沿いの地域では、ここを震源域として大地震が繰り返し発生している


南海トラフ

四国や紀州半島を走る海溝域。西側で発生する地震を「南海地震」、東側で発生する地震を「東南海地震」と呼ばれています。
約90〜150年の間隔でマグニチュード8級の津波をともなう巨大地震が発生します。

東南海地震

領域Y付近を中心にして起こった大地震

南海地震

領域X付近を中心にして起こった大地震

南海地震の発生確率

南海地震の発生確率

次の南海地震と東南海地震の発生時期の関係は、同時又は相互に近接して発生するかのどちらかである可能性が高い。(後者の場合には、東南海地震、南海地震の順番で発生する可能性が高い)
地震の規模は個別に発生した場合、南海地震はM8.4前後・東南海地震はM8.1前後。同時に発生した場合、M8.5前後。
さらに、津波が発生する可能性があると考えられる。


年別地震発生確立 南海地震 東南海地震

今後10年以内

10%未満 10%程度

今後20年以内

20%程度 30%程度

今後30年以内

40%程度 50%程度

今後40年以内

60%程度 70〜80%程度

今後50年以内

80%程度 80〜90%程度

地震調査研究推進本部地震調査委員会 2001年

発生メカニズムと過去の地震

南海トラフに発生する地震は、主に、四国や紀伊半島が乗っている陸のプレートの 下へ太平洋側からフィリピン海プレートが沈み込むことに伴って、これら2 つのプレ ートの境界面が破壊する(ずれる)ことによって発生する。また、時によっては陸のプレート内の断層も含めて破壊し局地的に強い揺れを生じさせる可能性もある。

発生地震 昭和東南海地震
1944年12月7日(M7.9)
昭和南海地震
1946年12月21日(M8)

津波

紀伊半島西部から伊豆半島の太平洋沿岸。紀伊半島東部沿岸では、津波の高さは6〜9m

九州から房総半島南部の太平洋沿岸。
四国及び紀伊半島 の太平洋沿岸では、津波の高さは4〜6m

震度5弱以上

近畿地方の一部、紀伊半島東部から静岡県御前崎までの沿岸域

九州の一部、四国南部・東部、紀伊半島、及び近畿・中国・中部地方の一部

震度6弱以上

三重県から静岡県御前崎町までの沿岸域の一部

局地的に震度6弱相当以上となった場所もあった


南海トラフ巨大地震の影響について

南海トラフ巨大地震の震度分布図

南海トラフ巨大地震が発生した際の、
最大震度・津波の高さなどが次の様に想定されております。

震度分布

神奈川県の西部から宮崎県にかけての広い範囲で震度6弱、
静岡県、愛知県、三重県、兵庫県、和歌山県、徳島県、香川県、
愛媛県、高知県、宮崎県
で震度7の地域があります。

津波の高さ

満潮時で地殻変動を考慮すれば、津波高10m以上が想定される地域は、東京都(島嶼部)、静岡県、愛知県、三重県、和歌山県、徳島県、愛媛県、高知県、大分県、宮崎県、鹿児島県です。
そのうち、津波高20m以上が想定される地域は、東京都(島嶼部)、静岡県、愛知県、三重県、徳島県、高知県です。

南海巨大地震の詳細はこちら

  • ページ先頭

ブログパーツ 地震雲 掲示板 メディア掲載
ニュース
首都直下地震
東海地震
南海地震
南海トラフ巨大地震
日本海溝・千島海溝周辺海溝
全国の活断層
富士山の火山噴火
地震・防災の最新ニュース
防災 準備編
非常持ち出し袋
地震対策チェックポイント
食料備蓄のポイント
備蓄品のポイント
外出先での被災に備える
建物の耐震診断
避難支援の組織作り
家族の防災会議
ペットのための防災
地震保険
緊急地震速報
防災 行動編
地震時の避難行動
水道の地震対策
ガスの地震対策
電気・電気製品の地震対策
通信・電話の地震対策
運転中に地震が起きたら
避難場所について
警戒宣言が発令されたら
被災場所別の行動ポイント
被災者の住宅支援措置
災害伝言板
エコノミークラス症候群
地震データ
震度で見る揺れの影響
震源分布とプレート
東京・地域別危険度
2004年の主な地震
2005年の主な地震
2006年の主な地震
2007年の主な地震
2008年の主な地震
世界の地震マップ
全国地震動予測地図
地震の前兆現象
地震予知と前兆現象
地震雲とは?
宏観異常現象の種類
月や太陽の引力と地震
地震予知プロジェクト
ボランティア・募金
ボランティア活動について
クリック募金
最新情報