地震情報サイトJIS

地震情報のポータル 地震情報サイトJIS



2006年4月に発生した主な地震

地震調査研究推進本部資料より

4月の主な発生地震

地域 日付 発生地震
北海道 4月10日 根室支庁北部の深さ約120kmでM5.1の地震
4月13日 浦河沖の深さ約45kmでM5.3の地震
東北    
関東 4月2日と20日 茨城・栃木県境付近〔茨城県南部〕の深さ約60kmでM4.3の地震
4月11日 房総半島南東沖の深さ約65kmでM5.0の地震
中部   4月17日頃から伊豆半島東方沖で地震活動が始まり、一週間程度、活発な活動が消長を繰り返しながら続いた。
これらの震源は主として、川奈崎東沖合約1km付近から東に延びる東西約4kmの範囲とその東部から南方に延びる南北約8kmの範囲にあり、概ね深さ5km以深に分布している。これまでの最大は21日02時50分頃に東西方向の活動域東端付近で発生したマグニチュード(M)5.8の地震(最大震度4)で、この地震の後、南北方向の活動域で地震活動が始まった。なお、30日に熱海市網代沖でM4.5(最大震度5弱)、5月2日に主たる活動域の東方約10kmでM5.1(最大震度4)と活動域からやや離れた周辺部で比較的規模の大きな地震が発生している。最大地震をはじめ、多くの地震の発震機構は北西−南東方向に圧力軸を持つ横ずれ断層型であり、従来からこの付近にみられるものと同様である。
これまでの地震活動・地殻変動状況及びこの地域の過去の地震活動事例から総合的に判断すると、今回の活動は次第に終息に向かうものと考えられる。
東海    
近畿    
中国    
四国    
   
九州    
沖縄    
  • 前のページへ
  • 次のページへ
  • ページ先頭

地震フォーラム 東京 地域危険度 ペット 防災
ニュース
首都直下地震
東海地震
南海地震
南海トラフ巨大地震
日本海溝・千島海溝周辺海溝
全国の活断層
富士山の火山噴火
地震・防災の最新ニュース
防災 準備編
非常持ち出し袋
地震対策チェックポイント
食料備蓄のポイント
備蓄品のポイント
外出先での被災に備える
建物の耐震診断
避難支援の組織作り
家族の防災会議
ペットのための防災
地震保険
緊急地震速報
防災 行動編
地震時の避難行動
水道の地震対策
ガスの地震対策
電気・電気製品の地震対策
通信・電話の地震対策
運転中に地震が起きたら
避難場所について
警戒宣言が発令されたら
被災場所別の行動ポイント
被災者の住宅支援措置
災害伝言板
エコノミークラス症候群
地震データ
震度で見る揺れの影響
震源分布とプレート
東京・地域別危険度
2004年の主な地震
2005年の主な地震
2006年の主な地震
2007年の主な地震
2008年の主な地震
世界の地震マップ
全国地震動予測地図
地震の前兆現象
地震予知と前兆現象
地震雲とは?
宏観異常現象の種類
月や太陽の引力と地震
地震予知プロジェクト
ボランティア・募金
ボランティア活動について
クリック募金
最新情報